「復縁したい!」

あなたは、元カレ元カノに正月のあけおめLINEを送らないのですか?

あけましておめでとうございます
今年、あなたの復縁がうまくいきますように( ´∀`) !!

あなたは、年明けてすぐに何をしますか?
ほとんどの人が、あけましておめでとうのLINEを送りますよね。

あなたはなぜ、元カレ元カノに正月のあけおめLINEを送らないんですか?

「まだ気軽にLINEできない」

「元カノ元カレに嫌われてる」

「送るのが怖い」

…と不安になっている人は多いですよね。

でも、不安を吹っ飛ばせるほど、あけおめLINEを送るメリットは
とてもとても大きいんです!

  • あいさつだから重く思われない。スムーズに会話をしやすい。
  • 元カノ元カレの反応が悪ければ、すぐ一時撤退できる。

…と復縁で1番避けるべきの
「重いと思われる」
「ウザいと思われる」
リスクが低く、LINEできるキッカケになれるんです。

だって、あけおめLINEって、時季のあいさつですからね。
あいさつされて嫌な人はいないでしょう?

ですから、あなたにあけおめLINEを送ることをオススメします。

元カレ元カノにLINEする文面は?

「あいさつ文+一言」そして、スタンプを送りましょう。

一言というのは
「最近元気?」とかの、会話をつなげられるような文面。

この一言に、元カレ元カノが反応してくれたらOK
あとは会話を楽しんでください。

これでも元カレ元カノが既読無視、未読スルーならば、まだLINEをするのは早いということ。

追撃しないでいったん引くのがベストです。

ここに注意

これから説明する3つのポイントに注意しないと
あけおめLINEのメリットがなくなります。

「あいさつ文+一言」を絶対守ること

あなたの気持ちをいっぱい入れてしまうと、あけおめLINEのメリットがなくなってしまいます。

あけおめLINEのメリットは
元カノ元カレに嫌な気持ちにさせない
なので、
復縁したい気持ちをいっぱい入れるのは逆効果。

特に新年明けてすぐ1発目から
元カノ 元カレを嫌な気持ちになるのは
かなりの痛手です

元カノ元カレが既読無視なら深追いしない

あくまでも、あけおめLINEは新年のあいさつが目的です。
無視されても追撃はNG

「今年もよろしく」は書かない

文字通りの意味はないのですが
今後も付き合いがあるのかと思わせない方がいいです。

まとめ

新年とは、気持ちに余裕が出るものです。

あなたからLINEが来たら、
他のどの日よりも
返事をもらえる可能性はかなり高い。

もし失敗しても、すぐ引けばダメージは最小に抑えられ、致命傷にはなりません。

今回説明したあけおめLINEで、
また元カノ元カレと会話を始めましょう。

error: Content is protected !!