「別れたくない!」

あなたは、このLINEテクニックを元カレ元カノに試してみましたか?

元カレ、元カノに連絡をするとき、
復縁に近づくためのテクニックを教えます!

それが

  • 朝文書を考えて夜送る
  • シンプルな内容にする
  • 送るべきか悩んだときは送らない

この3点です。なぜこれが復縁に近づくのか説明しましょう。

朝文書を考えて夜送る

あなたは、夜に書いた手紙を朝読み返すと、恥ずかしくなるって経験ありませんか?
いつもは言わないロマンチックなことを書いてたりとか。

これ、夜は脳が疲れるから論理的な考えができなくなることが理由なんです。

ラブラブカップルに送るラインなら、
ノロケ話になるんですが、復縁となると話は別。

元カノ、元カレはあなたよりも恋愛感情が落ち着いてるので、ロマンチックなラインが来ると

…。

引いてしまいます。

だから、文章は朝の頭がさえてる時に書きましょう。
これを送ったらどうなるだろうか、って判断ができる朝に!

そして、その文章を夜送るメリットは2つります。

まず、朝は忙しい人が多いこと。

逆の立場で考えもらうと分かりやすいかな。

あなたが朝、仕事とか学校の準備で慌ただしい時、ラインがきたらどう思いますか?

ラインの内容に関わらず、ラインが来たってだけで嫌な気持ちになりませんか?

だから、あなたがどんなにステキなラインを送っても、朝だと元カノ、元カレがマイナスに感じる可能性が高いというのが1つ。

2つ目は、
さきほど「夜は脳が疲れる」と言いましたが、逆に利用します。

脳が疲れて、論理的な考えができず
ロマンチックになってしまうなら、

元カノ、元カレも同じだということです。
普通だったら返事をしないようなラインでも、返してくれる可能性が高くなるんです。

ですから、文章は朝考えて夜送るのがテクニックの1つです。

シンプルな内容にする

前の記事でも話しましたが、長い文章だと、
それだけで「重い」と滅入ってしまいます。
それに、シンプルな文章ほど、人の心に響きます。

例えば怒られる時をイメージしてもらうと分かりやすいですかね。

上司とか先輩からながーくお説教されるより、一言ボソっと「ダメだな」って言われる方が心にキませんか?

こんな感じで短くシンプルな文章ほど相手の心に響くので、シンプルな文章を心がけましょう。

送るか悩んだら送らない

復縁において、「連絡をしないからマイナス」というのはあまりありません。

ほとんどのマイナスになるケースは、
「ラインを送る」
です。

ベストなタイミングでベストな内容のラインを送らないと、マイナスになってしまう可能性が非常に高い。

そのチャンスは大事に、大切にしましょう。

ですから、どういう内容、どういうタイミングで送るか、

ではなく

そもそも送るかどうかで悩むなら、送ることでマイナスになる可能性が高い訳です。
なので、送らない方が得策なんです。

…このように、3つのポイントをつかって復縁に近づいてください!

以上、あなたはこのラインテクニックを試してみましたか?でした。

error: Content is protected !!